ニキビの原因はクレンジング洗顔料だった!?

20代の頃、酷い大人ニキビに悩まされていた私。
頬、フェイスライン、顎、そして首にまでニキビが繰り返しできていました。

もちろん化粧品にはかなり気を使っていました。
価格は高かったけど、自分の肌に合ったものを使うようにしていたのです。
だけど、化粧品で出費が嵩むため、その分洗顔料で節約しようと、洗顔料は母が使用していたクレンジング洗顔料を一緒に使っていたのです。

そのことがたまたま友達との話題に上りました。
友達はエステに通っていたのですが、私がクレンジング洗顔料で化粧と洗顔を同時に行っていることを話すと、「それ、止めた方がいいよ」と言ってきたのです。

友達の話では、クレンジング洗顔料は1回で済む分、洗浄力が強くて、私のようにニキビが酷い肌には刺激が強すぎるんだとか。
これは、友達がエステティシャンから聞いた話だそうです。

確かにそうかもしれないと思いました。
化粧品と同じで、洗顔料は毎日肌に直接つけるもの。
その後すぐ落とすから、何でも良いかと思っていたら、それは大間違いでした。

私はニキビが良くなるならばと思い、その日のうちにドラッグストアで自分用にクレンジングと洗顔料を購入。
何を買えば良いのか迷ったのですが、クレンジングは敏感肌用と謳っているジェル状のものを、洗顔料は無添加と書かれているものを選びました。

クレンジング洗顔料を変えてしばらくすると、私の肌状態が少し良くなり始めました。
母とクレンジング洗顔料を共有していたのは実に8年くらい。
化粧を始めた年齢からずっと、母と同じものを使っていました。

もちろん、クレンジングと洗顔料を変えただけでニキビが完治したわけではないのですが、確実に改善しているという実感があり、なんでもっと早く気を付けなかったのかと、自分の馬鹿さ加減を呪ってしまいました。
最初からクレンジングと洗顔料の重要性に気付いていれば、ここまでニキビを悪化させることはなかったのかもしれないと。

肌に触れるものは、どんなものでもとても大切なのだと知った出来事でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *