ニキビにはさまざまな角度から予防するアイテムがあります

思春期のものと思われがちなニキビですが、大人にも発生することがあります。思春期のニキビと大人のニキビでは、発生の主な原因が違うことから、ケアの方法も同じというわけにはいきませんので注意が必要です。乾燥が原因になることが多いので、肌を清潔に保つだけではなくうるおいケアも重要なポイント。さらに、繰り返しやすく、跡が残りやすいため、予防のためのケアも大切となります。

そもそもニキビは、皮膚表面に分泌される皮脂が、毛穴などに溜まって、その部位が膨らみ、コメドとなることから始まるとされています。そして、たまった皮脂を毛穴にいるアクネ菌という細菌が分解して、炎症を起こすのです。10代の思春期のニキビも、20歳を過ぎてからの大人のニキビも発症のメカニズムは同じですが、前に触れたように原因が違います。10代のニキビは思春期特有のホルモンバランスの乱れが原因ですが、大人のニキビは、肌に合わない化粧品や仕事のストレス、不規則な生活習慣などが原因となることが多いとされています。とくに、あごや口の周りに小さいニキビができやすいのが特徴となっていて、こうしたニキビに悩む大人の女性が、最近増えているようです。

そんなニキビ対策には、ニキビを予防から治療までトータルケアする商品だけでなく、ニキビや肌荒れを内部から治療するビタミン製剤、ゴーヤ茶のような健康食品、スキンケアにも良いとされているにがり、睡眠、疲労回復の医薬品や健康食品など、ニキビの原因に関連するアイテムを試してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *