ぐっすり眠ってニキビを治す、睡眠とニキビの関係。

ニキビに悩まされている方は少なくないと思います。一旦治ってもすぐ出来るニキビは、非常に厄介な存在です。毎日洗顔をしっかりして、ニキビ治療用の軟膏を塗りこんでもなかなか改善が見られないという方、睡眠は足りていますか。睡眠不足はニキビの大敵です。どんなに必死にニキビケアに励んでも、ぐっすり眠れていなければ、ニキビの完治は難しいかもしれません。睡眠とニキビにはどのような関係があるのでしょうか。

ダメージを受けた肌は、睡眠中にケアされていきます。ですから睡眠リズムが乱れたり、睡眠不足に陥ると、ニキビを治す力が低下してしまいます。また睡眠不足によるストレスで自律神経のバランスまでも乱れ、交感神経が優位になり、男性ホルモンが多く分泌されるようになってしまいます。男性ホルモンは、皮脂を過剰に分泌させる性質があるので、今あるニキビを悪化させるだけでなく、また新たなニキビを作りだしてしまいます。睡眠不足はニキビに直結するのです。良質な睡眠をとるように心がけましょう。お尻ニキビを効果的に治すには?

では、良質な睡眠をとるにはどのようにしたら良いのでしょうか。まず眠る直前までスマートフォンやパソコンを操作することは避けてください。脳に刺激を与えてしまうので、寝つきが悪くなります。そして就寝の90~120分前にお風呂に入るのも効果的です。また、軽いマッサージやストレッチを行のも良いでしょう。脳と身体をリラックスさせることで、安眠を促します。

ニキビを治したい方は、以上のようなことに気をつけ、深く眠るよう心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *