ぐっすり眠ってニキビを治す、睡眠とニキビの関係。

ニキビに悩まされている方は少なくないと思います。一旦治ってもすぐ出来るニキビは、非常に厄介な存在です。毎日洗顔をしっかりして、ニキビ治療用の軟膏を塗りこんでもなかなか改善が見られないという方、睡眠は足りていますか。睡眠不足はニキビの大敵です。どんなに必死にニキビケアに励んでも、ぐっすり眠れていなければ、ニキビの完治は難しいかもしれません。睡眠とニキビにはどのような関係があるのでしょうか。

ダメージを受けた肌は、睡眠中にケアされていきます。ですから睡眠リズムが乱れたり、睡眠不足に陥ると、ニキビを治す力が低下してしまいます。また睡眠不足によるストレスで自律神経のバランスまでも乱れ、交感神経が優位になり、男性ホルモンが多く分泌されるようになってしまいます。男性ホルモンは、皮脂を過剰に分泌させる性質があるので、今あるニキビを悪化させるだけでなく、また新たなニキビを作りだしてしまいます。睡眠不足はニキビに直結するのです。良質な睡眠をとるように心がけましょう。お尻ニキビを効果的に治すには?

では、良質な睡眠をとるにはどのようにしたら良いのでしょうか。まず眠る直前までスマートフォンやパソコンを操作することは避けてください。脳に刺激を与えてしまうので、寝つきが悪くなります。そして就寝の90~120分前にお風呂に入るのも効果的です。また、軽いマッサージやストレッチを行のも良いでしょう。脳と身体をリラックスさせることで、安眠を促します。

ニキビを治したい方は、以上のようなことに気をつけ、深く眠るよう心がけましょう。

顎から首にかけて、ニキビが出来た体験談

私は37歳の時に、顎から首にかけて、大量のニキビが出来て困りました。その時の体験をご紹介します。
顎ニキビができて困った私は、スキンケアを見直すため薬局へ行きました。その時に、薬局の薬剤師さんに相談してみました。
顎ニキビの原因は、いろいろありますが、一番の原因はストレスと睡眠不足によるホルモンバランスの乱れ、 誤ったスキンケア、それと便秘によるものだという話を薬局の薬剤師さんから聞いて、私は徹底的に生活習慣を見直すことにしました。
【ストレス睡眠不足を防ぐ】
睡眠不足やストレスによって、ホルモンバランスが乱れることが原因で、顎ニキビができると知りました。それで、私は睡眠不足を解消するため、早めに寝るように心がけました。 夜10時から11時には床に着くようにしました。また、寝る前に、できるだけリラックスできるように、部屋の電気をオレンジ色に変え、時々アロマオイルの香りを嗅いだりしていました。
【スキンケアを見直す】
私は、若い時オイリーな肌でしたので、刺激の強い洗顔料を使用していました。ですが、ニキビが出来たのを期に、洗顔料を変えました。 刺激の少ない洗顔料で、なおかつ、保湿成分が配合され、泡で洗顔できるものにしたのです。 手のひらの雑菌が顎ニキビを悪化させることが分かりました。ですので、ゴシゴシこすったり、顔に手が直接触れる洗顔方法をやめ、泡で洗顔する方法に変えました。泡立てネットで、きめ細かい泡を作り、その泡で、顔と手の間を包み込むように、優しく洗いました。
【便秘を改善する】
私は、ひどい便秘でしたので それを改善することを 実践しました。ヨーグルト寝る前に食べたり、 青汁を飲んだりしました。

このような対策をするようになってから、8ヶ月ぐらいだった頃、ようやく顎ニキビが少しずつ少なくなりました。薄くなって消えていくのが分かりました。 私の経験では、やはり便秘が一番いけなかったようです。今は、私のとった対策に、ある程度効果があったと感じています。

腸内改善でダイエット

ニキビにはさまざまな角度から予防するアイテムがあります

思春期のものと思われがちなニキビですが、大人にも発生することがあります。思春期のニキビと大人のニキビでは、発生の主な原因が違うことから、ケアの方法も同じというわけにはいきませんので注意が必要です。乾燥が原因になることが多いので、肌を清潔に保つだけではなくうるおいケアも重要なポイント。さらに、繰り返しやすく、跡が残りやすいため、予防のためのケアも大切となります。

そもそもニキビは、皮膚表面に分泌される皮脂が、毛穴などに溜まって、その部位が膨らみ、コメドとなることから始まるとされています。そして、たまった皮脂を毛穴にいるアクネ菌という細菌が分解して、炎症を起こすのです。10代の思春期のニキビも、20歳を過ぎてからの大人のニキビも発症のメカニズムは同じですが、前に触れたように原因が違います。10代のニキビは思春期特有のホルモンバランスの乱れが原因ですが、大人のニキビは、肌に合わない化粧品や仕事のストレス、不規則な生活習慣などが原因となることが多いとされています。とくに、あごや口の周りに小さいニキビができやすいのが特徴となっていて、こうしたニキビに悩む大人の女性が、最近増えているようです。

そんなニキビ対策には、ニキビを予防から治療までトータルケアする商品だけでなく、ニキビや肌荒れを内部から治療するビタミン製剤、ゴーヤ茶のような健康食品、スキンケアにも良いとされているにがり、睡眠、疲労回復の医薬品や健康食品など、ニキビの原因に関連するアイテムを試してみてはいかがでしょうか。

信頼できるエステに巡り敢えてニキビが治りました

私は顔中真っ赤なニキビができており、これを治すためにかなり苦労しました。

まず皮膚科に通って飲み薬を処方してもらったところ、ニキビがよくなりました。しかし突然皮膚科が閉院してしまい、薬が手に入らなくなった途端にニキビが悪化してしまいました。そして別の皮膚科に通いました。そこではケミカルピーリングをやったのですが、最初は赤みがひいて治ってきたかのように思いましたが、ピーリングの液が強かったようで2回目、3回目からは逆に赤みがひどくなってしまいました。皮膚科に懲りてエステに行ったのですが、1件目のエステでは40万円ほどの美顔器を買うように勧められ、スタッフの方5人くらいで勧誘され、買うまで家に帰れないといった雰囲気になってしまい、怖い思いをして何とか購入せずに家に帰りました。2件目のエステもとにかく勧誘がひどく、ニキビを治そうとすることよりも次々に新しいコースを契約させたり化粧品を買わされたりするだけで、ニキビは全くよくなりませんでした。このような中、ニキビは良くなるどころか、精神的に追い詰められて余計にニキビが悪化していきました。

そして職場の先輩にエステを紹介されたのですが、また同じことの繰り返しになるのではと思いましたが、半信半疑で行ってみたところ、2年コースで40万円と値段は高いですが、ニキビが治らなければ全額返金するという約束でコースを契約しました。施術ではケミカルピーリングやイオン導入、角質取り、皮脂取りなどを定期的に行い、家では専用の化粧品を使ってサプリメントも飲んで徹底的にケアしました。そして約束通り半年でニキビが改善され、新しいニキビができなくなりました。かなり遠回りしましたが、ニキビを治したいという気持ちを親身になって考えてくれるエステに巡り敢えて本当によかったと思いました。

美顔器を使ったお手入れでニキビの悪化を防いでいます

私は普段は水だけ洗顔、基礎化粧品は化粧水と乳液だけというシンプルなスキンケアをすることでニキビが改善しました。しかし1,2週間に1回だけはお風呂でパックをして美容液を美顔器を使ってイオン導入しています。

美顔器を買うきっかけとなったのは、ニキビを治すために通ったエステで勧められたことでした。せっかくエステに通うのに、家でも美顔器でお手入れをしないといけないなんて面倒くさいと思っていたのですが、美顔器を使うと肌の汚れが取れてとても気持ちがいいです。美顔器に美容液を含ませたコットンを装着し、肌の上を滑らせるとコットンがうっすら茶色くなり、肌の汚れが取れたのが目に見えて分かります。美顔器を使った後は肌がスーッとして毛穴の奥までキレイになったような気がします。そして美顔器を使った日は夜更かししたい気持ちを我慢して早めに眠るようにしています。

今現在はひどいニキビは治り、不規則な生活をするとポツポツニキビができる程度なのですが、肌の調子が良くないときや紫外線に当たった日などに美顔器でお手入れをすると肌の調子がよくなり、ニキビが早く治ります。また子育てで忙しい中、ゆっくりスキンケアをする時間があまりないのですが、子供が早く眠ってくれた日に美顔器でお手入れをすることによってできてしまったニキビを悪化するのを防ぐことができています。始めは気が進まずに購入した美顔器でしたが、今ではポツポツできるニキビケアに欠かせないアイテムとなっています。

学生時代のニキビ体験談。

私は現在30歳の主婦です。中学生から、高校生までの学生時代に、酷いニキビにとても悩んでいました。中学生になった頃から、ポツポツとニキビが出始めたのですが、出始めたらあっという間に、ポツポツどころではなくなり、みるみるうちに、額、ほっぺた、顎と、顔全体にニキビが出来ました。大人になった今、思うと学生時代ですので、多少は仕方ない部分もあると今だから分かるのですが、当時中学一年生くらいの私は、もう本当に嫌で嫌でした。男子は、やっぱり何人かはニキビが出ている人はいましたが、女子では私がだんとつに、ニキビ顔でした。もちろん女子でもニキビが出ている人はいましたが、私のように顔中に出ているのではなく、額に1個、顎に2個。。という、私からしたら、それはニキビが出ている!といえるものではなかっです。それに、ツルツルの、肌をしていて、まるでニキビとは程遠い人もたくさんいたので、本当に羨ましかったです。ですので、いつも「なんで私だけ、こんなんなんだろう。。」と、いつも思っていました。ですが、そう思うだけではなく、色々ニキビに効きそうなことは、しっかりとしていました。ニキビ肌用の洗顔を使い、病院で貰った薬や、薬局で相談した、薬や化粧水をつけたりと。ありとあらゆることはしました。ですが、思春期のニキビはやっぱり時間が1番の薬なのか、なかなか、手強かったです。高校を卒業する位までは、ずっとニキビに悩まされました。今はおかげ様で、すっかりニキビも出ず、当時のニキビ跡にも困ってはいませんが、当時を思い出すと、やっぱり辛かったなと思います。以上が、私のニキビの体験談です

ニキビを治すにはシンプルなスキンケアが一番よい

私は顔中真っ赤なニキビに悩んで、たくさんの種類の化粧品を試しました。ニキビに良いというものであれば片っ端から使ってみました。使い始めて始めのうちはニキビが治り始めるのですが、段々と肌が慣れてきてしまうとまたニキビができる、という繰り返しでした。また皮膚科に通って薬をもらったところ、それがすごく合っていたようでニキビがさっとひいてきたのですが、突然皮膚科が閉院してしまい、薬が手に入らなくなったら元のようにニキビができ始めました。

肌のきれいな友達に、美肌の秘訣について聞いてみたところ、とにかく刺激になるようなことはやらない、ということでした。私はニキビを治したくてパックをしたり美容液をつけたり、化粧品を頻繁に変えたりと、労力だけでなくお金もつぎ込んできました。しかし肌のきれいな友達は朝の洗顔は水だけ、その後の基礎化粧品は化粧水と乳液だけというシンプルなものでした。私もそれを聞いて以来、パックや美容液は使わず、水だけで洗顔したあとに、化粧水を手のひらにとって手のひらが肌に吸い付くくらいまで肌にじっくりなじませ、乳液で蓋をするようにさっとつける、ということを実行してみました。また化粧品をあれこれ変えていたのですが、通っているエステで勧められた化粧品だけをじっくり使うことに専念しました。そうすることで、ニキビへの刺激が少なくなったためか赤みがひいてきて、新しいニキビができにくくなりました。しかしたまには肌にご褒美をあげたいと思い、1,2週間に1回だけは美顔機を使って丁寧なスキンケアをしてエステに行った気分になっています。

ニキビを治すには、肌の刺激になるようなことはできるだけ控える、シンプルなスキンケアが一番です。

信頼できるエステに巡り会えてニキビが治りました

私は10年ほど前に大人のニキビに悩まされていました。顔中真っ赤にニキビができており、鏡で顔を見るたびに悲しくなっていました。

ある時、友達が通っているエステにニキビ改善のコースがあるので体験に行ってみないかと誘われました。体験の後に、ぜひ入会しないかと勧誘されました。ニキビは絶対に治る、ニキビが治ったら仕事も恋も前向きになれるからぜひ入会したほうがいいと言葉巧みに言われ、断ることができませんでした。ニキビが治ってくれたら、という希望もあったので、試しに一番安いコースに入会してみることにしました。

エステに3か月ほど通ったのですが、ニキビは全く治る兆しがありません。むしろ施術の後は顔がいっそう赤く腫れているような気がして、このままエステに通い続けるのは危険だと思い始めました。そこで担当の方に相談してみたところ、今のコースでは施術の種類が限られているので、もっと上のコースに入会すれば施術の種類が増えてニキビが治りやすくなるとか、新しい化粧品が発売されたのでこれを使えば治るとか、再び勧誘されました。ニキビをどうしても治したかったので、言われるがままに新たなコースを契約し、化粧品も買ったのですが、全く治る気配がありません。そこでもうエステは退会したいと申し出ると、大反対されて、エステの別の担当者も加わって説得されました。こんなエステに通い続けるとニキビなんてよくならないし、精神的に負担になって余計に悪化すると思いました。そこでコースの途中でしたが、自分から勝手に通うのをやめました。

その後、職場の先輩から別のエステを紹介さて、半信半疑で行ってみたところ、値段は高いけど半年後にニキビが治っていなければ全額返金してくれるという約束で思い切って入会しました。半年後、約束通りニキビができなくなり、ニキビ跡だけが残りましたが、1年ほどでニキビ跡もキレイに治りました。遠回りしましたが、信頼できるエステに巡り会えてよかったと思っています。

大人のニキビ改善は乾燥を防ぎながら脂分とのバランスをとる

私は中学生の頃から思春期のニキビに悩まされ、25歳ごろから大人のニキビに悩まされました。もともと遺伝的な脂性肌で、思春期のニキビができていたころは顔の脂分をとって清潔にするように心がけていたため、大人のニキビができ始めたときも、さっぱりタイプの洗顔フォームや化粧水を使っていました。しかしニキビはどんどん悪化する一方でした。

ある時、大人のニキビは乾燥も一つの原因であることを知りました。それまで脂分をとることがニキビを改善させることと思っていたのですが、それが逆に乾燥を招いてしまってニキビが治らないのかと思いつき、しっとりタイプの化粧品に変えてみることにしました。しかし顔全体がべとべとしてさらにニキビを悪化させることになってしまいました。

どのようなスキンケアをしたらいいか途方に暮れていたとき、テレビで水だけ洗顔というのを見ました。すごく乾燥している訳ではないけど、しっとりタイプの化粧品を使ってべとべとする場合の対策として、朝の洗顔に洗顔フォームを使わず水だけで洗うというものです。ぬるま湯でさっと洗って最後は冷たい水で毛穴を引き締め、タオルでさっと拭き、顔に水分が残った状態で化粧水をつけて水分も一緒に浸透させるという方法です。これを試してからはニキビが治り始めました。今まで洗顔フォームで余計な脂分まで取りすぎており、それが乾燥を招いていたのでした。

大人のニキビは乾燥していても脂分が多くても治りません。乾燥を防ぎながら脂分とのバランスをとる、この絶妙な加減が大切です。

ニキビの原因はクレンジング洗顔料だった!?

20代の頃、酷い大人ニキビに悩まされていた私。
頬、フェイスライン、顎、そして首にまでニキビが繰り返しできていました。

もちろん化粧品にはかなり気を使っていました。
価格は高かったけど、自分の肌に合ったものを使うようにしていたのです。
だけど、化粧品で出費が嵩むため、その分洗顔料で節約しようと、洗顔料は母が使用していたクレンジング洗顔料を一緒に使っていたのです。

そのことがたまたま友達との話題に上りました。
友達はエステに通っていたのですが、私がクレンジング洗顔料で化粧と洗顔を同時に行っていることを話すと、「それ、止めた方がいいよ」と言ってきたのです。

友達の話では、クレンジング洗顔料は1回で済む分、洗浄力が強くて、私のようにニキビが酷い肌には刺激が強すぎるんだとか。
これは、友達がエステティシャンから聞いた話だそうです。

確かにそうかもしれないと思いました。
化粧品と同じで、洗顔料は毎日肌に直接つけるもの。
その後すぐ落とすから、何でも良いかと思っていたら、それは大間違いでした。

私はニキビが良くなるならばと思い、その日のうちにドラッグストアで自分用にクレンジングと洗顔料を購入。
何を買えば良いのか迷ったのですが、クレンジングは敏感肌用と謳っているジェル状のものを、洗顔料は無添加と書かれているものを選びました。

クレンジング洗顔料を変えてしばらくすると、私の肌状態が少し良くなり始めました。
母とクレンジング洗顔料を共有していたのは実に8年くらい。
化粧を始めた年齢からずっと、母と同じものを使っていました。

もちろん、クレンジングと洗顔料を変えただけでニキビが完治したわけではないのですが、確実に改善しているという実感があり、なんでもっと早く気を付けなかったのかと、自分の馬鹿さ加減を呪ってしまいました。
最初からクレンジングと洗顔料の重要性に気付いていれば、ここまでニキビを悪化させることはなかったのかもしれないと。

肌に触れるものは、どんなものでもとても大切なのだと知った出来事でした。